新型コロナウイルス感染症にかかる「緊急事態宣言」への対応について

投稿日:2021年4月24日

別紙『緊急事態宣言への対応について」(PDF)

 

本日緊急事態宣言がされたことについて、大阪市からの通達をお知らせします。通達の内容は以下の通りです。

『本日、国において「緊急事態宣言」が発出され、令和3年4月25日から令和3年5月11日まで緊急事態措置を実施する区域に大阪府が指定されました。
これを踏まえ、各施設においては次のとおりの取り扱いをお願いいたします。これを踏まえた本市の対応については、次のとおりといたしますので、各施設でご対応いただきますようよろしくお願いいたします。

 

 〇保育施設等は引き続き、感染防止策の徹底を行いつつ、保育の機能を維持
 〇感染リスク軽減の観点から、令和3年4月26日~5月11日の期間(家庭保育協力期間)において、保護者が仕事を休まれる場合や求職活動を休止されている場合等で家庭での保育が可能な方のみ、家庭での保育の協力を依頼(在宅ワークは就労扱い)
 〇家庭保育協力期間は、保育施設等に登園しなかった場合、登園しない日数の保育料を軽減
 〇育児休業期間については、4月1日付け、また5月1日付け入所決定している育児休業者の復職期限を令和3年6月末まで延長』

(原文まま)

 

以上です。

なお、月曜日までに確認されたい内容やご質問等がある場合は、4月24日(土)10:00~17:00の間にお電話にて受け付けます。
ただ、大阪市役所・福島区役所に確認が必要な内容にはお答えできかねますので、ご了承ください。

(例:育休や復職期限に関する質問・本メールの文面に記載以外の質問等)

なお、現状を鑑み、5月に予定いただいていたクラス懇談は、中止とさせていただきます。

「緊急事態宣言」解除後に、懇談でお知らせを予定していた生活の流れなど、年間計画とともに書面にて共有させていただきます。

何卒よろしくお願いいたします。

 

別紙『緊急事態宣言への対応について」(PDF)