新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言解除後の保育施設等における対応について(通知)

投稿日:2021年9月29日

表題につきまして、大阪市から通知がありましたので、以下に共有させていただきます。

 

『令和3年9月10日付け「「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言(令和3年7月30日付け緊急事態措置実施区域の指定)」期間再延長への対応等について」(別紙1)に基づき、各施設においてご対応いただいていることと存じますが、令和3年9月28日に国において、大阪府については令和3年9月30日をもって緊急事態措置を解除することとされました。

 

大阪府においては、同日に開催された「第59回大阪府新型コロナウイルス対策本部会議」の中で、大阪府が「緊急事態措置を実施すべき区域」から除外された場合は、令和3年10月1日以降、混雑している場所や時間を避けて少人数で行動すること、都道府県間の移動の際は、感染防止対策を徹底することなどの要請がありました。

 

これを受けた本市の対応は次のとおりですので、各保育施設等については、引き続き、適切な感染防止策をとっていただいたうえで、各施設でご対応いただきますようよろしくお願いします。

 

〇保育の提供について
大阪市としては、令和3年9月30日(木)まで、保護者が仕事を休まれるなどで家庭での保育が可能な方については、家庭での保育の協力を依頼しておりましたが、令和3年10月1日(金)以降については、通常保育の取扱いといたします。

 

〇保育施設等における保育料の軽減及び育児休業期限の取扱いについて
9月10日付け「新型コロナウイルス感染症の感染予防にかかる家庭保育協力期間の延長に伴う保育料の軽減及び保育施設への入所の取扱いについて」の「家庭保育協力期間における保育料の軽減の取扱い」については、令和3年9月30日(木)までといたします。
また、令和3年9月1日付け入所決定している育児休業者の復職期限の延長の取扱いについては、令和3年10月31日(日)までといたします。なお、復職証明書については、令和3年11月30日(火)までに提出するよう保護者に周知をお願いいたします。
緊急事態 宣言解除後 の疫学調査の対応について感染者の急増に伴い、早期に濃厚接触者を特定するため、疫学調査の聴き取りのご協力をいただきありがとうございました。
10月1日以降 、児童または職員に感染者 が発生した場合は、 感染者本人の疫学調査終了後、保育施設等へ集団調査(保育施設等での聴き取り)が行われます。引き続き、区保健福祉センターとは連携いただきながら正しい疫学調査へのご協力及び休園等のご対応をよろしくお願いいたします。

 

○各施設における感染拡大防止に努めるとともに、保護者の皆様へ、改めて感染拡大防止の取組みを呼びかけていただきますよう、お願いいたします。
なお、新型コロナウイルスについては日々状況が変化しているため、変更が生じる場合があります。その折は改めてお知らせいたします。

 

【感染拡大防止のお願い】
・ ご家庭においても 手洗いなどの感染予防対策をお願いいたします。
・児童の健康状態を日頃から把握いただき、登園前には必ず児童及び保護者の体温を測定し、発熱や風邪症状、体調不良があるなど、普段と様子が違う場合は、解熱後24時間以上が経過し、症状が改善傾向となるまで登園を控えてください。
・保育中も健康観察を行いますが、発熱や風邪症状が見受けられた場合には速やかにお迎えをお願いする場合があります。』

 

以上です。
家庭保育に大変長らくご協力いただき、厚く御礼申し上げます。
元気に登園されることを、楽しみにお待ちしております。